シネマ一刀両断

面白い映画は手放しに褒めちぎり、くだらない映画はメタメタにけなす! 歯に衣着せぬハートフル本音映画評!

昭和キネマ

銀座化粧

目まぐるしくおこなわれる主室と広縁のコートチェンジ ~和室に翻弄された男女はとうとう天体観測をする~ 1951年。成瀬巳喜男監督。田中絹代、堀雄二、香川京子。 昔の愛人・藤村との息子を抱え、銀座で女給をして生活する雪子。今でも藤村が小使銭を無心に…

直撃! 地獄拳

幼少期に見てこその人格形成前夜専用ムービー。 1974年。石井輝男監督。千葉真一、佐藤允、郷鍈治、中島ゆたか。 甲賀忍法の嫡子、殺し屋、元合気道師範の3人が国際麻薬組織に潜入して地獄拳をお見舞いする。地獄拳が直撃した人間は鼻血を噴きだし、目玉とか…

おゆきさん

あれを答えよ! これを答えよ! 全国の真性シネフィル勢に襲いかかる数々の難問! 魔のクイズ番組へ送られた刺客の名はおゆきさん。ピンポン!アレです! ピンポン!コレです! ことごとく正解する早押し女の正体は…そう、おゆきさん。 1966年。鍛冶昇監督。和泉…

好人好日

味変で楽しむ秋刀魚の味。 1961年。渋谷実監督。笠智衆、淡島千景、岩下志麻。 大学教授の尾関は世界的な数学者だが、世間では変人で通っていた。妻の節子は愚痴りながらも彼を尊敬し、家計をやりくりしている。一方、尾関に拾われ育てられてきた登紀子には…

幸福の黄色いハンカチ

満腹のしんどいカツドン。 1977年。山田洋次監督。高倉健、倍賞千恵子、武田鉄矢、桃井かおり。 北海道の雄大な景色を台無しにするかのように武田鉄矢が所構わずウンコする映画。 うんうん。よくわかるよ。おはようと言いたいのだね。はい、おはよう。これで…

にごりえ

五千円札の看板娘・樋口一葉の『にごりえ』ほか2篇を収めた珠玉のオムニバス ~ペンを走らす彼女の瞳は濁るどころか透き通っていたSP~ 1953年。今井正監督。丹阿弥谷津子、久我美子、淡島千景。 樋口一葉の短編小説『十三夜』『大つごもり』『にごりえ』の…

結婚相談

「なんでこんなことになってまうん」を連呼せずして何を連呼すん?ってくらいの怒涛の流転劇。 1965年。中平康監督。芦川いづみ、沢村貞子、山本陽子。 鶴川島子は、いつのまにか婚期を逸して三十歳となったわが身を顧りみた。母や姉弟の面倒を見る内気な島…

血槍富士

傑作という語でみだりに褒めることを躊躇わせるガングニル時代劇。 1955年。内田吐夢監督。片岡千恵蔵、島田照夫、加東大介。 晴か嵐か、霊峰に轟け千恵蔵の雄叫び! 東海道は涙旅、富士は夕焼け仇討日和、血槍権八どこへ行く!(Amazonより) どうも皆さん、…

女囚701号/さそり

ガルボハットとトレンチコートといえば私のことだよ! この怨み、晴らさでおくべきか ~面会室のプツプツ越しから緊急独占生レビューSP~ 1972年。伊藤俊也監督。梶芽衣子、扇ひろこ、横山リエ、夏八木勲。 女の憎しみと体臭がむせかえる女子刑務所を舞台に…

女番長 野良猫ロック

あの鐘を鳴らすのは、もうオマエ! 芸能界のご意見番、和田アキ子が意味不明の奇曲をたっぷりと歌う ~「ワンボーイ! イッキューゥ!」に隠された意味とは?~ 1970年。長谷部安春監督。和田アキ子、梶芽衣子、范文雀。 あいつがバイクでやってくる! ハッ…

ずべ公番長 夢は夜ひらく

圭子の夢ばっかり夜ひらくやん。 1970年。山口和彦監督。大信田礼子、宮園純子、賀川雪絵。 新宿での啖呵も颯爽と、女だてらに仁義をきる。とびきりハクいずべ公どもが、魅せて! 聞かせて! 暴れます! 「ずべ公番長」シリーズ第1弾!(Amazonより) 前回まで…

長屋紳士録

進め放屁、しぶといツラ魂で明日をにらめ。健やかに育て。 1947年。小津安二郎監督。飯田蝶子、青木放屁、河村黎吉、笠智衆。 戦後間もない東京には戦争で親を亡くした戦災孤児がたくさん居たが、その中の一人を拾ってきた男は、その子を女に預けてしまう。…

花くらべ狸道中

大映狸合戦ぽこぽん。 1961年。田中徳三監督。市川雷蔵、勝新太郎、若尾文子。 タヌキの国の大王選挙で、江戸の文福党と阿波の徳島党が激突。党主の代理で江戸に行くことになった雷吉狸と新助狸の珍道中が繰り広げられる。 (キネマ旬報社データベースより) …

女系家族

次から次へとナンボほど出てくるのか遺言状! 女たちの遺産争奪戦が今始まるゥー! るる 1963年。三隅研次監督。京マチ子、鳳八千代、高田美和、若尾文子、中村鴈治郎(2代目)。 代々女系の家筋を続ける大阪船場の繊維問屋で当主が急死し、 残された三人の…

嵐を呼ぶ男

ドラマーなのに両手をケガする男。 1957年。児井英生。北原三枝、石原裕次郎、青山恭二、芦川いづみ。 石原裕次郎の代表作にして日本映画黄金時代を象徴する作品。ジャズ界を舞台に、流しの若者がトップドラマーにのし上がっていく業界の裏側を描いた、昭和3…

性犯罪法入門

性犯罪時代を生き抜くバイブルやで(棒読み)。 1969年。帯盛迪彦監督。松岡きっこ、渚まゆみ、E・H・エリック。 現代はセックスの氾濫時代。もっと適確に言うと、世は性犯罪時代になりつつある。その証拠をお目にかけよう。これからお話しする四つのエピソ…

雪之丞変化

若き主人公を演じるのは正中線ど真ん中のおっさん。 ~いま咲き誇れ、長谷川一夫55歳~ 1963年。市川崑監督。長谷川一夫、山本富士子、若尾文子、市川雷蔵、勝新太郎、中村鴈治郎(2代目)。 冤罪で父親を殺された美貌の武士・雪之丞は復讐を決意。上方歌舞伎…

満員電車

シュルレアリスティック社畜風刺劇! ~鍋底不況の落とし子的怪作~ 1957年。市川崑監督。川口浩、川崎敬三、船越英二、笠智衆、杉村春子。 大学を卒業した民雄は駱駝麦酒に入社し、尼崎へ赴任。父から母の様子がヘンだと知らされ、医大生に治療を依頼するが…

女の賭場

狙え! ハッタリでクッタリ! クールビューティー大作戦。 1966年。田中重雄監督。江波杏子、渡辺文雄、川津祐介。 名の知れた胴師だった父親が罠に陥り汚名を着せられたまま自殺、娘は復讐のため博打の世界に足を踏み入れる…。江波杏子のクールビューティー…

からっ風野郎

踊れ筋肉。よろめけ美徳。世界のMISHIMA、銀幕に見参仕る! 1960年。増村保造監督。三島由紀夫、若尾文子、船越英二。 当時、世界的に高名となっていた三島由紀夫が主演し、やくざの跡取ながらどこか弱さや優しさを持った男を演じている。やくざ同士の命のや…

女の勲章

男子禁制のサンクチュアリにスケベの魔の手が! ~その時マチ子が動いた~ 1961年。吉村公三郎監督。京マチ子、若尾文子、叶順子、中村玉緒、田宮二郎。 山崎豊子の原作を吉村公三郎監督ほか、名スタッフが結集して映画化したドラマ。華やかなファッション業…

秋刀魚の味

娘を嫁に出した父が激烈にヘコむって映画。 1962年。小津安二郎監督。岩下志麻、笠智衆、佐田啓二、岡田茉莉子。 日本映画界の巨匠・小津安二郎監督の最後の作品で、妻に先立たれた男とその子供達の幸せの中にもなぜか潜む孤独と寂しさを描いた作品。 (キネ…

彼岸花

主演はヤカンとさえ言っていける。 1958年。小津安二郎監督。佐分利信、田中絹代、有馬稲子、久我美子、山本富士子。 日本映画界の巨匠・小津安二郎監督の初のカラー作品。友人の娘の縁談には理解を示すが、自分の娘には人が変わったように反対する父親を中…

早春

見たまんまのゾンビ映画。 1956年。小津安二郎監督。淡島千景、池部良、岸恵子。 サラリーマン杉山正二と妻の昌子は、子供に死なれて以来、冷え切った関係にある。通勤仲間のOL千代と深い関係になる正二。先の見えない会社生活に不満を隠さない彼だったが、…

お茶漬の味

スープのことを「おつゆ」と言わないでほしい。 1952年。小津安二郎監督。佐分利信、木暮実千代、鶴田浩二、淡島千景、津島恵子。 茂吉と妙子は生まれや気質の違いゆえに心の通わないままの中年夫婦。微妙な感情の食い違いによって長年蓄積していたものが、…

麦秋

家庭の幸福な崩壊。 1951年。小津安二郎監督。原節子、笠智衆、三宅邦子、淡島千景、菅井一郎、東山千栄子。 世界中の名監督に影響を与えた小津安二郎監督と名脚本家・野田高梧のコンビが最も充実していた時期の代表的な家族劇。婚期を逃しかけている娘の煮…

吸血髑髏船

物理法則をいろいろ超越したシクッターズカット版。 1968年。松野宏軌監督。松岡きっこ、入川保則、岡田真澄。 太平洋の真っ只中で、積み荷の金塊を狙う5人のならず者たちが船員たちを惨殺し、同乗していた船医・西里の新妻・依子を犯し、殺した。それから3…

切腹

自らの武士道を矛盾させてでも相手方の矛盾を炙り出す体裁爆破装置。 1962年。小林正樹監督。仲代達矢、石浜朗、岩下志麻、丹波哲郎、三國連太郎。 彦根藩井伊家の上屋敷に津雲半四郎と名乗る浪人が現れ「切腹のためお庭拝借」と申し出た。生活に困窮した浪…

野菊の如き君なりき

その卵みたいな白フチやめてええええ。短歌もやめてええええ(普通に画面見して)。 1955年。木下惠介監督。田中晋二、有田紀子、笠智衆、杉村春子。 松竹全盛時代をを支えた名匠のひとりである木下惠介監督が、伊藤左千夫の小説「野菊の墓」を斬新な演出で…

めくらのお市 命頂きます

カルト映画とB級映画の非嫡出子、その最終作。 1970年。市村泰一監督。松山容子、目黒祐樹、丹波哲郎。 シリーズ第四弾。悪代官の婚礼に町娘の身替りとなったお市は代官役人を斬ったことから、賞金のかかったお尋ね者となる。賞金稼ぎに狙われながらも、町民…